2017年01月17日

自分次第

心に余裕がない
人が最近多いかもしれない

人や仕事、環境で疲れてしまい、
自分らしさや自分の想いをうまく表現できないで
ストレスを感じていたり貯めている人は
多いのではないのでしょうか?

そうなってくると、他人の幸せが喜べなくなったり
常に愚痴をこぼしていったり。。。

おいらは医者ではないので
『心の病気』というモノが何かをわかっておりません。

だからそうゆう人達に何がいいかをアドバイスを求められても
分からない人間に伝えられるはずがない。

こうゆう時に
『焦らないでいいよ』とか
『のんびりいこうよ!』とか
『一人じゃないから!』とか
『やりたいことしたらいいよ!』とか

伝えるひとが多いかもしれない。
この言葉や答えが
おいらは『適切』と思っていない。
むしろ、無関心。
すなわち他人事の一言なのではないのかな?

本当にわからないから
鬱や心の病気にかかっている人が見ていたらわからないけど、

何をしたらいいかわからない。
動きたくても動けない。

そうゆう人達に
焦るなとかやりたいことしたらいいよ

とか

本当に効果があるのかい?
って思うのよ。

おいらは、
鬱になったことも。ないし。
わからない。

でも、
そんな人達にかける言葉は、
『精神薬』だけは使うな。

ということ。

使っている人ごめんね。
これを見ているかどうか知らんけど。

でも、あなたのことではないよ。

まず、薬を使った時点で
自分が鬱です。
と認めたことになる。

心が自分は『病気』なんだと『納得』をしてしまう。
薬を飲んで楽になる?なおる?
なるのはきっと錯覚。

なおるならその一回で薬はやめれる。
楽になっても、寝れたとしても、

薬で『なおっている』ではないのだ。

薬を使うくらいなら、

『外に出て全力で走って汗をかけ!!!!』
心の病気にかかる人達って

力が余っているんだ。
元気だってこと。

動いてない、体力がある
証拠なんだ。
だから、その体力や動かない時間で

あれこれ、考え込んで、考え込んで、考え込んで。。。。。。。。

不安や心配を考えてしまうのではないのかな?

って
大きい声をだす!
体を動かす!
想いを伝える!
なるべくならやりたいことは我慢しない。
そうすれば、
本当はそうゆうのはない。

『鬱』という病気からたちなおっていけるのでは?

よく昔鬱でした!
という人とあって、話をする時があるけど、
立ち直っている人ってやっぱ、

自分らしさや
行動というものの大切さに気付いて意識をしている。


動け!
やれ!
声に出せ!

あとはすべて、
自分次第。

おいらは、
かわいそうだとか特別扱い、病人なんて思わない。

だから、
自分で変わろうとしない人や、人を信用できない人には
おいらも向き合わない。

面倒くさいから。

心の病気は一番自分で治し方をしているんだ。

posted by たいしょー at 12:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: