2017年04月04日

人間関係

おいらは路上詩人という肩書きで
言葉を贈る仕事をしてますが、その他に片手間で

地元で小学生の柔道教室のコーチにも関わっております。

自分の子どもも甥っ子もお世話になっておるので関わらせてもろてます。
言葉を書いている時も
コーチをしている時も
目につくのが
「人間関係」です。

知らず知らずに人を傷つけたり、比較をしたりでたくさんの人が
悩んでいるかもしれない。

正直、柔道教室の子ども達の間でも、
派閥というのか、小さなイジメみたいなのもある。

子どもは大人の目を盗み立ち振る舞う。
見ているところでは当然なにもないように振る舞うけど、

見ていないところでメールやLINEとかで陰でそういった行動に出る。

大人の目を盗んで、見てるところではイイ子。
でも、当の大人達は以外と無関心。

どの時代だって
「うちの子に限って」

何でしょうね。

でも、正直なところ、

どっちもどっちなのよ。
いじめられた人は絶対にいじめした人が悪いと思ってるよね。

そこが問題。
いじめって何ですか?
定義ってなに?

そこよ。

相手はいじめと思ってないというのがほとんどなのよね。
カラカウ、冗談で。。。というのがほとんどではない?
でも、された側から見れば、それが嫌で苦痛で苦しい事なんだよね。
「イジメ」というものがなかなか成立しないのはそこなのでは?

された側の人はそれでどういう行動に出るの?

なぜ、どうして
するのか聞いてる?

嫌とかやめろと発信してる?

それをして変わらない時周りの信頼できる人に相談してる?
信頼できる人がいない?
とかどうせ無理とか
思ってる人も

ごめんやけど原因がある。
わけで。。。

まずは気にするな。
それでも悩むなら何かを本気でやってみろ。
汗をかけ。

やりたい事全部やれ。
行きたい場所に行け
食べたいものは食べろ
見たいものはみろ
会いたい人には会いに行け!
それを全てやてから悩めばイイ。

posted by たいしょー at 12:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: