2017年05月03日

ショクギョウとシゴト

おいらは

路上詩人です。

今は路上には座っておりませんが
路上詩人です 笑

ありがたいことに
14年の歳月がながれました。

当時生まれた人は
中学生になっている年。

非常にびっくりです。

んで、未だに悩む時がおおいんですが、

自分の価値というのを。。。

よくね、
書きおろしの値段でも

安すぎない?

とかイベントでも
その金額でいくの?

とか正直言われる時が多い。

決して、おいらは、安いとは思いわないのですが。。。 笑
でも、そもそも、
自分に価値を付ける
とか

安受け売りはしない
とか。。。

おいらはいつも??

なんですよね。

この価値って自分で決めるものなのかな?
って本気で思っております。

他の路上詩人と言われている方と話をすると、

その金額だったら
断るとか、

気持込めて魂込めて書いているんだから、
こっちも、お客さんを選びたいとか。。。。


その人らを否定するわけではないけど、
その
『こだわり』がわかりません。

なら、
感動料で
1円でもいいの?
100円でもいいの?

って言ってくるお客さんもいるし、
同業者もいる。。


本音を言ってしまうと
別に構いまてーん 笑


お客さんでもいた

感動料?
お気持ちってこと?

なら1円でもいいんだ!
じゃ。一円で書いて!って笑

おいらは普通に書きましたよ。←当然。

でも、その人、作品を見て
本当に感動して、


財布を取り出してお金を全部くれました

札もなく。

小銭で600円前後 笑

ほんとにお金なかったんでしょうね。

その、若い子やったんだけど、
おにいさん、本当にごめん!
今これしかない。今日遊んで電車で帰る分でしか残ってないんだ。。。

って言って
今日は歩いて帰るから!って言って全部のお金を置いていきました。

嘘かホントかなんてわからない。

本当に最高の感動料でした。

本当に納得をしなければ1円だってかまわない。

笑顔で書きます笑

でも、悪ふざけで、安くてもいいで1円とか100円っていうのも
それはそれで構わないのよ。

でも、おいらから見れば、

自分の名前の価値が『そんなもんなんだね』って思ってしまうだけだから笑

だから、1000円頂戴!2000円頂戴ではないのですよ。

言いたいことは。

決まっていない商品に対して
価値を決めるのは、おいらではないってことをいいたいのです。

プライスレス (笑)


ってことよね

書いた人が笑顔になる、何かのきっかけになる。
勇気になれる
その報酬が『お金』という形に
『縁』という形になっていくとおいらは思ってます。

これは
おいらの職業
であり、
志事でもあります。

お金を稼ぐのは職業
おいらの使命や役割が志事

二つがリンクして
天職になるんだとおいらは思います。

posted by たいしょー at 21:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: